【書評】マンガでわかる「やめる」習慣を読んだ感想。悪い習慣をやめるためにすること。

ビジネス

あなたは「やめたい」習慣はありますか?

僕はあります。

ブログを書き始めてから
4週間程度たつのですが、

だんだんとマンネリ化というか、
ブログを書いていることに対して
モチベーションが上がらず

スマホでダウンロードした
マンガアプリで無料の漫画を読み漁っています。

深夜遅くまでマンガを読んでしまうため
寝る時間も遅くなり睡眠不足となり、
睡眠不足のため仕事もはかどらない。

眠い中頑張って仕事をした後は
なにもする気になれず、
結局マンガを読んでしまう。

負の連鎖ですね…

マンガは好きなのですが、
ある程度時間的な制約をもって読みたいなー
と思っていたところ、

今回の「やめる」習慣を見つけました。

結局マンガ読んでるんですけどね(笑)

それでは、本の簡単な紹介と感想を書いていきます。

「やめる」習慣の紹介と感想

「マンガでわかる「やめる」習慣」は
新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣」を漫画化したものです。

物語形式になっており、
主人公の結衣は悪い習慣の悪循環に
悩んでおり、その悪い習慣をやめるまでの
過程を書いています。

学生の頃によく読んでいた
進研ゼミのマンガみたいな感じです。
僕は進研ゼミに入ってはいませんでしたが、
マンガは楽しみに読んでいました。

あのマンガが好きだった人は
恐らく好きだろうと思います。

マンガだけではなく、
話と話の間に詳しい解説も入っていて
わかりやすいです。

「マンガでわかる」シリーズは
とっつきやすくていいですよね。



話の主題は「悪い習慣をやめる方法」です。

悪い習慣をやめる方法は
このほかにもいくつか本を読んだことがありますが、

自分の中で一番新鮮というか
他の本では書かれていなかった内容として、
悪い習慣をやめるまでにいくつかのフェーズに
分けて説明していたことでした。

フェーズは4つあり
・禁欲期(第1週~第3週)
・無気力期 (第4週~第7週)
・安定期 (第8週~第10週)
・倦怠期 (第11週~第13週)
に分けられていました。

禁欲期は、
欲望をコントロールするのが難しい時期と書かれています。
確かに、慣れるまではどうしても意識として
「〇〇がしたい!」と感じてしまいますよね。

無気力期は、
気が緩み、やめる意味や意欲に波が出てくる時期だそうです。
物語の中で主人公たちは、
「なんでこんなことやってるんだっけ?」
「結局こんなことしても意味ないんじゃないか?」
などと葛藤していました。

安定期は、
習慣化が軌道に乗ってはいますが、
まだ油断はしていけない時期だと書かれています。
第8週あたりというともう2か月程度はたっていますから
ほとんど習慣化できたと思ってしまいそうですが、
そんなことはないみたいですね。

倦怠期は、
「マンネリ化」との戦いだそうです。
3か月続けたらそりゃマンネリもしそうですが、
やっていることを少し変えてみたり、
次にやめる習慣を考えたりするとよいそうですよ。


ちなみに、上に書いた期間については、
やめたい習慣がどんなものであるかによって
期間が変わってくるそうです。

習慣は以下の3つに分けられるそうです。
・行動習慣(無駄使い、先延ばし癖、etc)
・身体習慣(夜更かし、食べすぎ、etc)
・思考習慣(クヨクヨ、完璧主義、etc)

この3つの習慣をやめるための
期間はそれぞれ違っており、

行動習慣は1ヶ月
身体習慣は3か月
思考習慣は6か月
だそうです。

上のフェーズで書いた期間は
身体習慣に関する期間でした。

行動習慣や思考習慣も
1ヶ月と6か月に合わせて
期間を変えてあげれば
考えやすいと思います。


僕の場合は、「制限なくマンガを読んでしまう」
なので行動習慣になりますね。

それぞれのフェーズが1週間ずつある感じですね。


フェーズの他にも、
「やめる習慣は必ず一つずつ」だったり
「習慣をやめるか判断するための5つの質問」、
「モチベーションを保つ骨太な理由を作るための3つのキーワード」
などなど悪い習慣をやめるための
方法がしっかり書かれていました。


特に悪い習慣をやめる理由は明確にしておく必要があるな。
と感じました。

正直、やめたいやめたいって言ってても
なんでやめなきゃいけないのか、
やめたらどんなメリットがあるかを
明確にすれば行動しやすいだろうなとは感じましたね。


やめたい習慣ではないですけど、
ブログを書くことも約1ヶ月程度続けていますが、
最初に書いた通りまさにマンネリしてたりします。

倦怠期に入っているということなんでしょうか?
もしくは、まだ無気力期なのかも?

今一度ブログを書く目的・理由を
はっきりさせておいたほうがいいかもしれないですね…



とまあこんなところで今日は終わりにしようと思います。

それでは~