【ブログ初心者】検索上位を目指す記事の書き方、SEO対策|これからはじめるSEO顧客思想の教科書

ブログ

どうやって記事を書いたら検索上位に上がるだろう。

SEO対策が必要って聞いたけど何をすればいいのかわからない

検索で上位表示させるコツとか簡単な裏技って無いのかな?

という悩みに答えます。

ぼくも同じことで悩んでいたので、本を読んで勉強しました。

この記事では「これから始めるSEO顧客思考の教科書」に書かれていたこと基に

記事を書く上で大切な事をまとめています。

この本はSEO対策について丁寧でわかりやすく書かれていたのでおススメですよ。

これからはじめるSEO 顧客思考の教科書 ~ユーザー重視のWebサイトを5つの視点で実現する
これからはじめるSEO 顧客思考の教科書 ~ユーザー重視のWebサイトを5つの視点で実現する

【SEO対策1】検索されやすいキーワードの選定方法

まずは記事のタイトルを決めましょう。
こちらの記事を基にキーワードを決めてください。
検索で上位表示させるためのキーワードの選定方法が書かれています。

【SEO対策2】記事のタイトルを決めるうえで意識すべきポイント

検索キーワードを決めたら、タイトルを決めていきます。

SEO対策としてのタイトルのつけ方で意識すべきポイントはたった一つです。

決定した検索キーワードの順番を守ってタイトルをつけること。

例えば、

ブログ SEO対策 書き方」でキーワードを決めたなら

SEO対策のためのブログの書き方」ではなく

【ブログ】SEO対策を意識した記事の書き方」となります。

順番を必ずしも守る必要はありません。

日本語がおかしくなってしまったり、記事が読みずらくなってしまっては意味がないので、その場合は分かりやすいタイトルをつけてあげてください。

【SEO対策3】記事の本文を書くうえで意識すべき5つのポイント

検索上位を狙った書き方として重要なポイントは5つです。

共起語、関連語、同義語、類義語を使おう

検索上位に入るため、ひたすら同じキーワードを大量に書いてもGoogleからの評価は上がりません。

  • よく一緒に使われている言葉(共起語
  • 関連している言葉(関連語
  • 同じ意味を持つ言葉(同義語
  • 似た意味を持つ言葉(類義語

これら4つの言葉を駆使しながら書くことが重要になります。

共起語、関連語、同義語、類義語を調べるのはツールを使えば簡単です。

共起語検索ツール

日本語シソーラス 連想類語辞典

類語辞典・シソーラス

他にも文章内に共起語がどれくらい使われているかを調べるツールもあるので、自分が書いた記事にどれくらい共起語が使われているのか調べることもできます。

共起語カウンター

情報密度の高い文章を作ろう

情報密度の高い文章とはなんでしょうか。

皆さんが検索するときのことを考えてもらえばわかりやすいです。

SEOを意識したブログの書き方が知りたかったら「SEO ブログ 書き方」と検索するのではないでしょうか。

ここで検索しているキーワードがつまりは「情報」となります。

つまり「名詞」です。

なので、記事を書く際にはできるだけ「名詞」を使った文章を心がけましょう。

例えば、

人口が減っているのはなぜか」ではなく

人口減少の原因とは」と書きましょう。

キーワードの近接度を意識しよう

近接度ってなんだ?ってなりますよね。ぼくもそうでした。

わかってしまえば簡単です。

複数のキーワードの近さです。

具体例を見ればすぐに理解できると思います。

「文章 書き方」であれば

書き方がわからない人のためにとってもわかりやすい文章を紹介していきいます。

ではなく

文章書き方がわからない人のためにとってもわかりやすい参考例を紹介します。

のほうが近接度が高くなります。

また、記事のタイトルの説明でも書いた通り、キーワードの前後は必ず意識するようにしましょう。

ここで一つ注意点があります。

同じキーワードが近くにあると、Googleからスパム認定をされてしまう場合があるので、同じ文章中で同一の単語はできるだけ近くに書かないようにしましょう。

キーワードの突出度を意識しよう

続いてのポイントは突出度です。

これも聞き慣れない言葉ですよね。

文章の先頭付近にキーワードが登場する割合のことです。

つまり、ブログで記事を書く際には、狙っているキーワードが文章の先頭に来るよう意識するようにしましょう。

ただし、やりすぎるとGoogleからスパム認定を受ける可能性があるので

記事を読んだ際に自然だと感じる程度にしておきましょう。

キーワードの出現率を意識しよう

キーワードが出現する頻度のことですね。

ツールを使えば簡単に出現率を調べることができます。

SEOチェキ!

使い方は簡単で、URLに調べたい記事のURLを入力し「チェック!」ボタンをクリックすれば結果が表示されます。

キーワードの出現率はページ内に「キーワード出現頻度チェック」という欄がありますので、そこでチェックボタンを押せば表示されます。

下は「ブログ キーワード 選定」でキーワードを狙った際の記事になります。

「ブログ」と「キーワード」の出現率は高いのですが、「選定」については少し低めですね。

【最後に】検索上位を目指すなら

なんだかんだ書いてきましたが、

検索上位を目指すうえで一番大切な事は「読者に価値を与えられるか」です。

これを言ってしまうと今までの内容が台無しになってしまいそうなんですが

結局のところ小手先のテクニックだけで頑張っても限界があります。

Googleのアルゴリズムが変わってしまえば順位が下がってしまうこともあります。

大した実績もないのにこんなこと書いても全く説得力がないのですが、

アフィリエイトで稼ぐ方法を勉強していると、どこでもこのことが書かれています

どうやったら相手が喜んでくれるか、理解しやすいかを意識することで

自然とSEOを意識した記事になっていくようです。

まとめ

検索上位を目指した記事の書き方

  • 検索されやすいキーワードを選択する
  • 記事の書き方で意識するべき5つのポイント

  1.共起語、関連語、同義語、類義語を使う
  2.情報密度の高い文章
  3.近接度
  4.突出度
  5.出現率

  • なんだかんだ言って読者目線が大事