【書評】「好きをお金に変える心理学」 メンタリストDaigoさんが教える「本当に好きな事」を見つける方法と好きな事で「稼ぐ」方法

「好き」を「お金」に変える心理学 書評

メンタリストDaigoさんの書いた「好きをお金に変える心理学」を読みました。


なぜ、あんなにもテレビに出ていたDaigoさんが突然テレビに出なくなってしまったのか。
今はどんなことをして生活しているのかについても書かれていました。

テレビに出て昼となく夜となく働いている頃に、「自分の本当にやりたいこと・好きな事は何だったのか」と自問し、ひとつの答えにたどり着いたのだと思います。


「好き」を「お金」に変える心理学

著者について

日本初のメンタリスト。

「科学とロジックで超常現象を再現する。それがメンタリズムです」というキャッチコピーとともにお茶の間の人気者に。
ババ抜きで相手が持っている5枚のカードのうちババ以外を抜き取るようなすごいことをしている人。

現在は、Youtubeやニコニコ動画で自分が勉強した心理学について紹介していたりする。

昔書いた記事の中で紹介していたりもします。

「好き」を「お金」変える心理学を読んだ感想・気づき

この本で言われていることを三行でまとめると

本当に好きな事を見つけ、
時間とお金を投資し、
好きな事でお金がもらえたらさらに投資する。


ですね。

甚だ簡単ですが、図にするとこんな感じ。

Daigoさんは本の中で「好きな事で食べていけるほど世の中甘くない。という人たちがいますが、逆に好きじゃない事で食べていけるほど世の中甘くない。」と言っています。

最近読んだ本の中に竹内 均さんという東大の名誉教授の方が出していた「頭を良くする私の方法」や最近書評の記事を書いた「仕事は楽しいかい?」という本の中にも書いてありましたが、成功している人は本当に好きな事を仕事にしていました。

あなたはどうでしょうか?僕?僕は面白いと思って仕事をしたことは今のところありません。最近はブログを書くことがだんだんと面白くなりつつあります。

これで食べれるようになったらいいな。なんて思うようにもなってきました。


それでは先ほど書いた3行をそれぞれ説明していきましょう。

本当に好きな事をみつける方法

自分が「本当に好きな事」を見つけることがかなり大切になってきます。

好きな事といって思い浮かべるのは何でしょうか?
僕の場合は、漫画を読むことやアニメを見ることでした。

でも、そうではなくて

自分が今後の人生を一生かけても良い

と思えるものが大切なようです。


Daigoさんは仕事をやめて自分の好きな事を始めろ。と言ってはいませんでした。

自分が今している仕事の中にも本当に好きなものはあるのだそうです。
ただ、本当に好きになる前にみんなやめてしまっているだけなんですね。

例えば、ゲームをするときに始めは操作方法がわからず、負けることもあります。
負け続けると全く面白くないですが、ちょっとずつ操作方法がわかり繰り返していくうちに勝てるようになっていきます。そうなるとどんどん好きになっていきますよね?

初めてすぐに好きになることはないのです。自分で成長を感じたり、周りから認められるようになってくると楽しくなっていくのです。会社員の人が少なくとも3年と言っているのはここからきているのだと思います。

ただ、労働環境が劣悪で上司との関係も最悪、もう死にたいなんて考えているのであれば、今すぐにでも仕事をやめた方がいいと思います。


さて、本当に好きな事を見つける方法ですが、
フローに入ることが大切だと書かれています。

フロー: Flow)とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ゾーンピークエクスペリエンス無我の境地、忘我状態とも呼ばれる。心理学者のミハイ・チクセントミハイによって提唱され、その概念は、あらゆる分野に渡って広く論及されている。

引用元:Wikipedia-フロー


本の中では

「フローに入ることで好きになり、好きだからフローに入りやすくなる」

と書かれています。

始めはフローに入ることは難しいと思いますが、フローに入れるようになることで好きになり、好きになるからフローに入りやすくなるという好循環が生まれるようになるそうです。

ではどのようにすればフローに入れるのでしょうか。

フローに入るためには、集中しやすい環境づくりが大切になります。

5分おきに電話が鳴ったり、人から声をかけられるようであれば、それを解決する必要があります。とは言ってもサラリーマンで電話に出ないなんてことはなかなか難しいのですが…

そういう意味では、プライベートでブログを書いたり、一人で作業できるノマドワーカーなんかはフローに入りやすく、仕事を好きになりやすいと言えますよね。

時間とお金を投資する

まあ、これは書いてある通りなんですが。

本当に好きな事が見つかったら、そこに時間とお金を投資していきます。

本当に好きな事にだけ集中して行うってことですね。

僕はよくやりがちなんですが、
やりたいことを手当たり次第に初めて見ることはあまりお勧めしません。

マンガ読んだり、ゲームしたり、サイクリングを始めてみたり、キャンプにはまってみたり、一人カラオケに時間を使ってみたり、イラストの練習したり、プログラミングの勉強してみたりと色々やってきましたが、どれも中途半端に終わっています。

ブログをはじめてみてよくわかったことでもあるんですが、働きながらだと一つのことに対してでさえ時間を作ることって難しいのです。だからこそ、仕事を好きになってそこに時間とお金を投資すれば最強になれるんですけどね。

好きな事でお金がもらえたらさらに投資する

ここが一番重要というか気になるポイントですよね。

この本では
「人に知ってもらう」
「好きな事で人に貢献する」
ということが大切だと書かれていました。

自分が好きな事、できることを人に知ってもらうことが大切になります。そこから思わぬチャンスがつかめるかもしれませんからね。

SNSなんかでよく自分がどんなことをしているのか、どんなことができるのかをアピールしている人を見かけますが、これが「人に知ってもらう」ということなんでしょうね。


「好きな事で貢献する」というのは、自分が好きな事・得意な事で相手を喜ばせてあげることはないか考えてあげる必要があります。

例えば僕で言えば、今ブログを書いているのでブログの書き方を紹介したり、本を読むことも好きになってきたのでおすすめの本を紹介することもできますよね。

最後に


「本当に、こんなんで好きな事でお金を手に入れることができるの?」なんて疑わしく思う人もいると思います。

僕自身、まだ手探りで好きな事を見つけて実践している途中にはなるのですが、何もせずにいるより行動したほうがチャンスはありますよ。

これは別の本からの引用になっていしまいますが、
試すことは楽しいこと」なのです。

ぜひ皆さんも「試して」みてくださいね!


この記事で紹介した本のリンクを下に貼っておきます。


「好き」を「お金」に変える心理学

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

頭をよくする私の方法―人の何倍も「頭」と「心」をつかいこなす秘訣