【2019年】台風の名前を紹介!19号の名前は?台風の定義も一緒に教えちゃうぞ!

今まさに大型台風19号が現在非常に強い勢力を保ったまま
明日10月12日の夜に東京に直撃しそうですね。

正直どうなってしまうのか怖いです。

とは言え何か出来るわけでもないので、
今日もブログを書いてます。

せっかくなんで台風にまつわることを書いていこうと思って
調べてみると、アメリカのように日本でも台風に名前を付けているようですね。

どんな名前を付けてるのか気になったので少し調べてみました。


気象庁のホームページに詳しい説明が書いてありました。

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html
(台風の番号の付け方と命名の方法)

台風委員会なるものがあって、そこに加盟している14の国が
10個ずつ名前を考えて140個の名前を順番につけていっているみたいです。

あまりに大きな被害をもたらした台風につけられた名称は
その後変更されることもあるらしいですよ。


今回の、台風19号の名前は「ハギビス」だそうです。
意味は「すばやい」だそうです。
もしかするとハギビスは今後使われなくなるかもしれませんね。


2019年に発生した台風の名称一覧

1号 パブーク(淡水魚の名前)
2号 ウーティップ(蝶)

3号 セーパット(淡水魚の名前)
4号 ムーン(6月)
5号 ダナス(経験すること)
6号 ナーリー(百合)
7号 ウィパー(女性の名前)
8号 フランシスコ(ザビエル!?)
9号 レキマー(果物の名前)
10号 クローサ(鶴)
11号 バイルー(白鹿)
12号 ポードル(やなぎ)
13号 レンレン(女性の名前)
14号 カジキ
15号 ファクサイ(女性の名前)
16号 ペイパー(魚の名前)
17号 ターファー(なまず)
18号 ミートク(女性の名前)
19号 ハギビス(すばやい)


魚の名前だったり、植物の名前だったり、女性の名前だったりが多いですね。
どんだけテキトーにつけたんだよって感じですが、
なにか意図があったりするんでしょうか?
一般人にはよくわかりませんね。

日本はほとんどが星座の名前でしたね。
12星座ではないので、知らない星座でしたが…
カジキ座とか初めて聞いた。

かじき座(旗魚座、Dorado)は、南天の星座の1つ。日本国内では最南端の沖ノ鳥島でほぼ全体がぎりぎりで見え、民間人が行ける日本最南端の波照間島高那崎では星座の南端が見えない。北海道のほぼ全域では、星座の北端さえも見えない。

(引用:Wikipedia


調べたら本当にあった。疑ってごめんなさい。

他にもトカゲとかこいぬとかあった。
星座じゃないけどコンパスって名前もあった。

国に絞って調べてみたらある程度関連性はあるかもしれませんね。

全部調べる気にはならないけど…

興味があれば調べて教えてください。


それでは今日はこの辺で。
皆さんくれぐれも明日の外出は控えるようにしましょうね。